イランの映画

運動靴と赤い金魚

1997年第22回モントリオール国際映画祭グランプリ4部門
( 観客賞、国際カトリック協会賞、国際批評家連盟賞)
98年のアジアフォーカス福岡映画祭で上映
99年には第71回アカデミー賞外国語映画賞にノミネート


監督・脚本:マジッド・マジディ、撮影:パービズ・マレクザデー、
編集:ハッサン・ハッサンドスト、美術:アスガル・ネジャッド=イマニ
出演:ミルファロク・ハシェミアン、バハレ・セッデキ、
アミル・ナージ、フェレシュテ・サラバンディ

久しぶりに頭の中にキンコンカンと鐘が鳴り響きました
めったに出会えない名作です
イランといえば紛争みたいなことを連想し国民の生活は想像もつかなかった
(これはあくまでも私の知識のなさから来ているのですが・・・)
何故か懐かしかったです。
当の昔に亡くなった父を、家族を、自分を思い出しました


アリはイランの余りお金持ちではないというより貧しい家庭の男の子。両親と妹ザーラと赤ちゃん(男か女か分らないので)の5人家族。ある日アリは修理が終わったザーラの靴を受け取り、その帰りに八百屋によって買い物をするが、店先に置いてあった靴を廃品処理の人が持っていってしまった事に気が付かない。懸命に無くなった靴を店先で探すのだが店主に怒鳴られて仕方なく家に帰る。靴を待ちわびる妹になくした事を告げるアリ。でも決して親には話さないが一足の靴しかない2人は先ずザーラが兄の靴を履いて学校に行き下校の途中で兄と靴と履き替え、今度はアリが走って登校する毎日が続く事になってしまう。
ここで気が付いたのだがイランでは、学校は前半が女子の授業で、後半が男子の授業となっていて男女共学ではないらしい
ザーラは今まで気にしなかった友達の足元につい目がいってしまい、自分のボロボロで、ぶかぶかの靴が悲しくてしょうがない。一方アリは毎日遅刻の連続で生活指導の先生に怒られてしまうがその訳は決して話さない。 つらい毎日の2人に一筋の希望がみえた。小学生マラソン大会がありその3等賞に運動靴がもらえるのだ。アリは3位を目指して4キロのコースをひた走る・・・・。


監督、脚本のマジッド・マジディはたった5ヶ月でこの脚本を
書き上げ、出演者はほとんど素人を採用したそうです。
兄妹の父親が第2の主人公で、貧しくてもけじめを忘れない、
等身大の生活を子供と共に生きる姿は、今の日本人がすっかり忘れてしまった心があるように思う。
初めから最期まで子供の目を通して作られた素朴な映画だが
ラストのアリの心の描写もきっと観る人の心を打つに違いない。


home 戻る